修理ブログ

  1. カーブガラス別作

    腕時計のガラス交換修理を紹介します。ガラスの種類を説明しますと、ミネラルガラス(別名?クリスタルガラス・・一般的な時計に使われているガラス)とサファイアガラスがあり、厚みは0.8ミリ、1.0ミリ、1.5ミリが多く使われています。

  2. 岡山県にあるメガネの専門学校、生徒募集!

    岡山県にあるメガネの専門学校、 ワールドオプティカルカレッジ(woc)では、平成28年度生徒募集中です。私も一度社会人になった後、この専門学校を卒業しました。現在、日本中に沢山メガネ店がありますが、とくに低価格店ではほとんど素人の方が視力を測定してメガネを販売しています。

  3. 2015年10月から12月までの修理記録の一部です。

    2015年の10月から12月までホームページを見ていただいた方から沢山の修理をお預かりしました。大変ありがとうございました。普段は、ロレックス、オメガ、タグホイヤーなどの修理が多いのですが、当店では珍しい時計をご紹介します。

  4. 精密スポット溶接機導入しました。

    臼谷電子のミニミニウエルダーという、精密スポット溶接機を導入しました。機械式腕時計は、ゼンマイが切れる故障がよくありますが、古い時計になると新品のゼンマイが入手できない事がよくあります。そのような場合、なるべくサイズの合うゼンマイを探しますが、なかなか合いません。

  5. ロレックスのチューブ交換

    ロレックスのすばらしい防水性能を維持している部分の1つがねじ込み式竜頭とケース側のチューブです。このねじ込み竜頭が数年間使用しているとねじ込みが効かなくなり、防水性能が落ちてしまいます。当店でもロレックスの竜頭とチューブの交換修理は、多くあります。

  6. 自動車用時計

    長らくお預かりしていた「自動車用時計」の修理です。天真が折れていましたが、振り座が溶接で付いているようでしたので、入れホゾをしました。(人生初)慎重に慎重に慎重に1、まず、折れていない側の天真の長さ、太さをマイクロメーターで測定してメモします。

ページ上部へ戻る